スタッフブログ

発破で施工する計画→しかし周囲には『あんなもの』も『こんなもの』も…。

タイトルにも上げましたが、発破工で計画が進捗している現場があります。

まだ計画段階ですので、工事名や工事場所は伏せますが…これが中々大変な条件でして。

【保安物件】であれば同意書さえ頂ければ問題ありません。

発破工における【保安物件】とは何か、また別の機会にアップするとして。

 

現場の写真はこちらです。

今回は3期ということもあり、何段か下がってきてますね。

丁寧な施工をされてて、綺麗な両カッチンが出来ています。

 

それにしても1期、2期と施工された業者様には頭が下がります。

こちらの岩盤を大型ブレーカ掘削だけで盤下げしたそうで…。

現場で確認した岩盤です。

節理(岩盤の割れ目)すら走っていない綺麗な霜降りですこと。

ロックシュミットハンマーを打つまでもなく【硬岩】ですね。

あまり考えたくはないですが、大型ブレーカのノミは何本逝かれたことやら…。

オペレーター様、本当にお疲れ様でした。

 

さてここでタイトル回収。

私が何を問題視しているかというと…隣接地にあるこちらです↓

 

『…六地蔵さんと墓地です。』

 

発破予定箇所から平面距離で20mほどしか離れていないんです。勘弁してよぉ…。

先ほど書いたような保安物件という訳ではないですし、関係各位から同意書さえ頂ければ【発破工】で施工する事自体になんら問題はありません。

他の工事場所でもこういう箇所は結構ありますし、実際何度も施工はしてきています。

なんでしたら他現場で六地蔵さんを仮で移動させた事もあります。

(※ 喜んでやりたい事ではない。)

 

それはさておき、土木事務所担当者様・元請業者様・弊社と打合せの状況です。

関西電力も来ていましたので必要事項の確認も怠らずに。

 

協議をした結果、【発破工】で施工する事に対して法令上に問題はありません。

同意が得られるのであれば、保安物件だろうがそうでなかろうが問題ありません。

 

それにしても、うーん…。

土建屋として、そして施工業者として…こんな事を懸念するのはダメだと思います。

 

『…だが、しかし。』

 

次の打ち合わせではお酒とジュースをお供えしたいと思います。

 

でもですね。

私のイメージでは社員にこんな感じで鼓舞してるつもりなのです。

多分、私が一番日和ってます。

 

神様仏様、発破工をするのであればどうか…無事に【何事もなく】竣工できますように。

2024年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ